発条仕掛 Unofficial

アクセスカウンタ

zoom RSS Jealous Guy

<<   作成日時 : 2016/03/30 01:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ルー・リードとジョン・レノンは。

まあ、おそらく面識はなかったんだろうね。
ひょっとして一緒に写ってる画像とかあるんだろうか、と思って検索してみたが。見当たらなかった。

ジョン・レノンにとって、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドに対しては特に思うところはなかっただろうし。下手すりゃ知らなかったかもしれない(笑)。
一方ルー・リードは1987年のインタビューで「ビートルズはゴミだとしか思ったことがない」と語っておられる(笑)。ついでにドアーズに対しても「バカ」呼ばわりですわ。

実際、ヴェルヴェッツやルー・リードの音楽に、ビートルズの影響と言うものは確かに感じられないんだけども。しかしルー・リードとジョン・レノンには、私は昔から共通する何かを感じてしまうんですな。うまく説明できないですが。

ルー・リードの「The Blue Mask」を聴いたとき、なんか「ジョンの魂」と「イマジン」を足したようなアルバムだな、と思ったし。

詩人としてなのか、無骨なギタープレイヤーとしてなのか、ロッカー〜シンガーとしての佇まいなのか。

多岐ジャンルに亘って好きなミュージシャンは無数にいますが、今も、そしてこれからも、同じカテゴリーの中で、御二方とも自分にとってロックの最重要人物であることは今後揺らぐことはないだろう。


さて、ルー・リードですが。時々、LIVEでジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」をカバーします(笑)。ビートルズのこと「ゴミ」とか言っときながら。

この曲。何というか、要は「嫉妬深い自分をパートナーに詫びる」みたいな歌詞でね。ロキシーミュージックのカヴァーが特に有名ですね。ヒットしたし。ブライアン・フェリーが歌うのに、まさにピッタリというか(笑)

しかしルー・リードの「ジェラス・ガイ」。1990年のLIVE音源はブートで持ってて、そちらは、なんかクールで淡々とした感じだったんですけど、こちらの動画はえらいエモーショナルです。2001年。
…ルー・リード『2カポ』ですよひとみちゃん。

Lou Reed - Jealous Guy 2001


いかん。泣ける(笑)


今のうちに「ごめんね」って言っといた方がいい?

いや、20年後位でいいよな。


画像





yamaguchi






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jealous Guy 発条仕掛 Unofficial/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる